ワンタッチ差筋アンカー アンカー筋の製造販売
ワンタッチ差筋アンカー ケミカルボルト
会社案内 製品案内 本社・工場案内 お問い合わせ TOP

打込棒不要差筋アンカー
作業効率を大巾アップ!
異形棒鋼と拡張部と接合方式
プレスカシメタイプ


本体打ち込み式  
異形棒鋼と拡張部と接合方法
  「プレスカシメタイプ」



1.共廻り防止カシメタイプ(D10、D13)
2.打込棒不要です。 施工手順が1工程省けます。
3.確実素材、確実な製作




1.間仕切り用差し筋
2.土間スラブ
3.建築かさあげ工事 等


品 番 スリーブ 施 工 引張強度 梱 包
外径×長さ 穿孔径 穿孔長
D10×450(φ14.0mm) 14.0mm×40.0mm 14.5mm 45mm 15.2KN
(1,550kgf)
50本
D13×600(φ17.5mm) 17.5mm×50.0mm 18.0mm 55mm 23.2KN
(2,370kgf)
30本
D16×750(φ21.5mm) 21.5mm×60.0mm 22.0mm 60mm 31.0KN
(3,170kgf)
20本

※引張強度は社内実験値で、規格値ではありません。






●一般にコンクリートアンカーは、コンクリート強度、アンカーの外径および埋込み深さが大きくなるほど引抜強度が高くな  ります。(モルタルが塗ってある場合は、その厚さを埋込み深さから差引く)

●アンカーの外径に合ったドリルで適正な穴をあけて確実に埋込んで下さい。

●埋込みピッチや端あきが小さ過ぎると、コンクリートの早期破壊や亀裂を生じて、予期した引抜強度を得られない場合があ  ります。
  原則としては、端あきはアンカー外径の5倍以上、埋込みピッチはさらに大きくとって下さい。

●アンカーの許容荷重について
  各アンカーの表に示した数値および計算により求めた強度は、アンカーが抜け出るかコンクリートまたはボルトが破壊する  までの最大値ですから、使用に際してはアンカーが使用される状態や目的によって許容荷重を設定して下さい。
  基本的な考え方として、普通の使用状態で、許容荷重は最大荷重の25〜30%程度です。

 施工の際は、保護具(マスク、メガネ等)を着用してください。

特長
用途
規格
標準施工手順
注意事項





ワンタッチ差筋アンカー


ケミカルボルト